活動1  活動2
本站需要您的支持,以助網站更好運作:
(1)懇請您捐款購買推薦商品
(2)或懇請您戳戳它↓(無法顯示請重整或點此)



本站公告:
鼓勵本站:您的贊助是本站動力來源
◆推薦本站:歡迎分享文章連結給好友
◆拜訪本站:文章陸續更新,歡迎關注
◆介紹本站:歡迎介紹好友來本站坐坐
◆聯絡本站:
(1)可在文章下或此頁任一處留言即可
(2)內容不合規定者會刪除,還請見諒
◆今日更新: 快感指令next陰陽師白島
P.S.快感指令next(中版):謝謝各位提供席德線選項,打從心底的感謝各位!
 公告.更新  文章搜尋

2014/09/15

[動漫歌詞]怪~ayakashi~ +物怪(モノノ怪) OP、ED全部歌詞


包含《怪 ~ayakashi~》(あやかし)片頭曲:「HEAT ISLAND」、片尾曲:「春のかたみ」,《物怪》(モノノ怪)片頭曲: 「下弦之月」(下弦の月) 、片尾曲:「夏天的花」(ナツノハナ)。








資料:資料1資料2


《怪 ~ayakashi~》(あやかし)
片頭曲:「HEAT ISLAND」
歌:RHYMESTER
作詞:Sasaki Shiro、Sakama Daisuke/作曲、編曲:Mr.Drunk

日文:
夜、夜、夜中に跋扈する魑魅魍魉
まるで异界の一味郎党
みたいなライマーライムしに登场
闻こえたろう? 暗に响く音
ビビって兴味ないフリしようと
好奇心は日に日に上升
ならCheckしに行こう Here we Here we go y'all
怪し危うし岛の魑魅魍魉
多分地狱は満杯
あふれ出した连中が団体で列をなして
この世にスタンバイ
ヤツらのぶん场所がまず足んない
道理で季节问わずアツいはず
あえてヒートアップさすイカついヴァースを
カマして汗かかすぞ
どうせヤケだろ 闻かせな合唱をよ!
哈! こいつぁまるで火事场
すげぇ热気たまっちまう岛国
Danger! ますますアガっちまう Come on!
(このジパングもうちょいでパンク)
哈! こいつぁまるで火事场
すげぇ热気たまっちまう岛国
Danger! ますますアガっちまう Come on!
(このジパングもうちょいでパンク)

中文:
在午夜張揚跋扈的魑魅魍魎
宛如異界的一身兩頭怪
疼的話羔羊現在就來登場送死
聽見了嗎 那黑暗中回想的聲音
裝做害怕沒興趣的樣子
好奇心卻逐日上升
那樣的話就確認一下吧
HERE WE HERE WE GO
怪異危險的小鳥其貌不揚
大概地獄已經滿溢而出
夥伴們集體列隊
在這世上做好準備
讓這群家夥果腹的地方首先就不夠
理論上無論四季都酷熱難耐
膽敢HIT UP殺意之後就是懲罰
殺氣騰騰汗流滿面
反正只是發泄而已就當作耳旁風吧
這家夥簡直是個失火現場
真可怕 年頭長久的小島是如此DANGER
熱情愈加高漲COME ON
closing and war join the park




片尾曲:「春のかたみ」
歌:元千歲作詞、作曲:松任谷由實/編曲:松任谷正隆

日文:
空を埋める花のいろ
うつりにけりなわが恋
やがてすべてが過ぎ去るあとも
あなただけを想う
いつか春の夕まぐれ
初めて口づけした
幻のような香りの中で
あなただけを想う
求め合った哀しさよ
降りしきり包んでよ
前も見えず、息も出来ず
あなただけを想う
儚い春のかたみには
いちばん綺麗なわたしを
あなただけに、あなただけに
とどめたいと思う
舞い踊る花の宴 月は止まったまま
もうおそれも戸惑いもなく 流れていくまま
あなたの胸にこの身を任せ
私は死んでいこう
前も見えず、息も出来ず
あなただけを想う
やがてすべてが過ぎ去るあとも
あなただけを想うああこの声が聴こえますか あなたを想う声が

中文:
開滿一片天空的花色
我已然褪色的愛情
即使在一切都成為過去之後
我也只想著你
 曾經春日夕暮
你我交換初吻
置身夢幻的香氣之中
我只想著你
 相互渴求的悲哀啊
就不斷的降下圍住我好了
即使看不見未來 也無從呼吸
我還是只想著你
 春日虛幻的吉光片語裡
希望最美麗的我
為你 只為你
駐足
花宴飛舞 靜月寂然
卻再無恐懼疑慮 只願隨波而去
 委身你的胸膛
我將就此長逝
看不見未來 也無法呼吸
我只想著你
即使當一切都成往事
我只想著你
啊你聽得見我的聲音嗎  這思念你的聲音





《物怪》(モノノ怪)

片頭曲: 「下弦之月」(下弦の月) 

歌 :小松亮太×チャーリー·コーセイ 
作词:春和文 
作曲·编曲:小松亮太
青い月に照らされ


ao i tsuki ni tera sare
蒼藍月光照耀下
彷徨う あなたの影
sama you  a nata no kage
你的身影彷徨不定
伝えたいこと 伝えられず もどかしく過ぎる日々
tsu tae tai koto  tsu tae rare zu  modo ka shiku su giru hibi
欲言又止 日復一日 焦慮中度過
偽りの笑顔を 覚えて
itsu wari no ega owo  obo ete
只記得虛偽的笑顏
あたたかい涙を 忘れて
a tata kai nami dawo  wasu rete
卻忘卻了溫暖的眼淚
抜け殻のような 虚ろな その瞳に何が映る?
nuke gara no you na  utsu rona  so no hito mini nani ga utsu ru ?
映在你那 空洞無神的眼中的是什麼
儚い 下弦の月が 雲間に隠れ
ha kana i  kagen no tsuki ga  kumo mani kaku re
轉瞬即逝的下弦之月 藏身雲中
今 闇が 浮かび上がってくる
ima  yami ga  uka bi aga tte kuru
如今黑暗徐徐籠罩
真実を 語ってくれ
shin jitsu wo  kata tte kure
道出真相吧
孤独を抱えて 今夜も 吐息こぼすだけかい…
ko doku wo kaka ete  kon yamo  toi ki kobo su dake kai ...
懷抱孤獨 今晚也只是暗自嘆息嗎
風に耳を澄ませば
kaze ni mimi wo suma seba
傾聽微風的細語
聞こえる あなたの鼓動
kiko eru  a nata no kodou
你的鼓動伴隨而來
渇いた夜に包まれ ただ 淋しげに響くけど
kawa ita yoru ni tsutsu mare  tada  sabi shi geni hibi ku kedo
渴望被夜幕籠罩 卻只有寂寞迴響
もう一度 心に手をあて
mou ichi do  koko roni tewo ate
再一次捫心自問
あたたかいぬくもり 感じて
a tata kai nuku mori  kan jite
只感受到你的溫暖
千切れる雲を見上げて あなたは今 何を願う?
chigi reru ku mowo mia gete  a nata wa ima  nani wo nega u ?
仰望碎雲 如今你有著什麼樣的期望
あの雲の 切れ間から ひとすじの 光が見えてくるから
ano ku mono  kire ma kara  hito su jino  hi kari ga mie te kuru kara
從那雲縫間 嶄露一曙光芒
あなたは 迷わずに 自分らしく 道を見つけだすさ
a nata wa  mayo wazu ni  jibun ra shiku  michi wo mitsu ke dasu sa
你無須迷惘 只需仰賴自己 必能找尋前進的道路
儚い 下弦の月を 探し求めて
ha kana i  kagen no tsuki wo  sa ga shimo to mete
轉瞬即逝的下弦之月 尋覓探求
何故 ひとり 歩きつづけてゆく?
naze  hitori  aru ki tsuzu kete yuku ?
為何一直獨自前行
その理由を 聞かせてくれ
sono wake wo  kika sete kure
道出理由吧
風に吹かれて また 今夜も 瞳そらすだけかい…
kaze ni huka rete  mata  kon yamo  hito mi sora su dake kai ...
徐徐微風 今晚也只是側目而視嗎




片尾曲:「夏天的花」(ナツノハナ)
歌:JUJU
作詞:はしもとみゆき、作曲:谷口尚久、編曲:CHOKKAKU


君がいないと うまく笑えない いつからか私は
當你離開之後 何時開始 我連笑容也如此勉強
無防備なほどに 惹かれていたから こんなに
是我毫無防備 被你深深吸引 無力自拔的下場
ありふれた街で
如果能在某個平凡小鎮上
かけだえのない思いを
懷著這份無可代替的情感
大切にして 生きていけたなら
就這樣默默生活下去的話
もう何にも 望まないのに
明明我就已經別無所求…
あの空に咲いた夏の花
那一晚夜空中的夏日花火
風に舞いなかがら落ちてく
在風中翩翩綻放徐徐飛降
君と見てた 二人で夢見てた
曾與你共賞 曾一同夢想
瞬間が 永遠だった
那個瞬間 仿佛永生難忘
限りあるこの時の中で
走在這場有限的人生之上
限りなく君だけを愛しても
即使始終無限地獨愛著你
もう見えない 夜空に 降り註ぐ輝き
卻再也看不見 那片在夜空中揮灑的光芒
あの日々が たとえようもなく 愛しくて
才知那段往事 竟是無與倫比的美好時光
君がいないと 傷つきもしない あれからの私は
當你離開之後 從那時起 我從不曾令自己受傷
泣くことも出來ず 過ぎて行くだけで すべてが
連哭泣也無力 僅僅任一切隨波逐流 將心埋葬
この手の中には
如今我的手中
傍にいた溫もりだけ
只殘留著你曾經陪伴的溫暖
強がっていた
盡管如今我早已盡力改變了
私の心の 何もかもを 変えていたのに
自己曾經一味逞強的內心…
あの空に散った夏の花
那一晚夜空中的夏日花火
鮮やかに広がる夢が
仿佛展開絢爛的夢幻一場
胸に落ちて 二人を包んでた
飄落在心中 令你我翩想
瞬間が永遠だった
那個瞬間 仿佛永生難忘
限りあるこの時の中で
走在這場有限的人生之上
限りなく君だけを愛しても
即使始終無限地獨愛著你
もう見れない夜空に 降り註ぐ輝き
卻再不能看見 那片在夜空中揮灑的光芒
あの笑顏 たとえようもなく愛しくて
才知那副笑容 竟是無與倫比的美好時光
あの空に咲いた夏の花
那一晚夜空中的夏日花火
風に舞いなかがら落ちてく
在風中翩翩綻放徐徐飛降
君と見てた 二人で夢見てた
曾與你共賞 曾一同夢想
瞬間が 永遠だった
那個瞬間 仿佛永生難忘
限りあるこの時の中で
走在這場有限的人生之上
限りなく君だけを愛しても
即使始終無限地獨愛著你
もう見えない 夜空に 降り註ぐ輝き
卻再也看不見 那片在夜空中揮灑的光芒
あの日々が たとえようもなく 愛しくて
才知那段往事 竟是無與倫比的美好時光




前往『文章列表』可查詢本站更多的文章喔!